睡眠

お世話になっております。

 

 

ここ最近ドタバタが続いてます。

 

せっかく書こうと思った記事の内容もわすれてしまう始末。

 

 

今日はですね、珍しく時間が空いてるのでいつもより濃い目の内容を書こうかなと(笑)

 

いや、大したことはないけれど!

 

来週から激務です!おそらく来週末にかけてピークがきます。

 

地獄です。地獄。

 

 

 

さて。こう忙しくなってくるとどうしても時間が足らず、帰ってすぐに寝ればいいものを、テレビ見たりげーむやってしまったりで結局朝が辛い。なんて事もありがちで。

 

 

寝る前にアプリゲームでやってた10分が悔やまれますよね。

 

 

朝の5分・10分は貴重ですから。

 

しかもこの時季寒さもあってなかなか布団から出れないし。

 

起きよう!と思ってもいつのまにかウトウト…。

 

 

きちんと睡眠を取る!ってのがなかなかできない次第であります。

 

 

今日は睡眠のお話。

 

 

色々調べたんですよ。睡眠について。

 

 

じゃあ、よく出てくるのは

 

 

最適な睡眠時間は、誰にとっても7時間である

 

というもの。

 

この7時間が身心共に負担がかからない最適な時間らしいです。

 

 

しかしまぁ。現代社会、仕事や遊び、付き合いに趣味など毎日7時間きっちり寝るってなかなか簡単なようで難しいですよね。

 

僕はだいたい6時間睡眠です。

 

 

短時間で疲れを取れる睡眠方法があるらしいので紹介します。

 

 

1、アイマスク、耳栓をする

寝付きから3時間以内は、かすかな物音も眠りを浅くさせる可能性があります。アイマスクに加えて耳栓をするのも効果的

 

光を遮断するために有効なのがアイマスク。わずかな光も遮断するのでメラトニンの分泌が正常に行われます。

 

豆電球のかすかな明かりですら、メラトニンの分泌量は減ってしまう

このメラトニンってのは脳から分泌されるホルモン成分らしく、要はこの成分が出る事によって眠気が出てくるってこと。

 

 

2、寝る前3時間は食事をしない

 

腹八分目くらいを目安にこれは空腹でも満腹でも「良い眠り」ができなくなるから

 

寝る前に食べちゃうと、胃が刺激されたりそれを消化しようと体が頑張って来るんです。

 

3、就寝30分前には部屋の明かりを消す。真っ暗がベスト

眠る前の気分づくり。明かりを暗くすることで、体が睡眠に入りやすい状態になっていきます。

 

 

人間のまぶたには、光を感じるセンサーがあり、真っ暗になると脳が休まり、光を感じるとだんだん起きるようにできています。目だけではなく、皮膚にも、光のセンサーがついていて、少しの光でも、敏感に感じ取ります。

 

いくら真っ暗にしてもスマホやテレビつけてたら意味ないですから(笑)

暗くして、目をつむる。それだけ。

 

 

 

 

僕はわりかし眠りにつくまで早い方だと思うのでそこまで眠ることに関して困ったことはないですが、どうしても眠れない時なんかはユーチューブで心地の良い音楽を聴いたりしますね。

 

これがまたいいんですよ。

 

オルゴールだとか、川のせせらぎ・雨音・さざ波のBGMなんか最高ですね。

 

 

あくまでBGMが良しです。歌はどうしても脳で歌詞を聞いてしますのでお勧めできません。

 

 

ぜひ、睡眠に困ってる方は自分に合ったBGMを探すことをお勧めします!

 

 

心地よいですから!

 

 

 

今日はここまで!!あー来週やだなー。

 

 

f:id:fantastic3:20171216134039j:plain