吸血

今年の5月くらいに電子タバコの【プルームテック】というものを買いにでかけ
たんです。



福岡の博多に直営店がありまして、当時は朝早くから行列ができる程。


今はそこまでしなくても買えるようですが、僕が買いに出かけた時は早朝から並
ばないと買えないという状況でして。


1日の販売数に限りがあるんですよね。



だからみんな必死ですよ。




朝7時には整理券を配るそうなので6時には最低でも並んでおきたい。



後輩と行く約束してたので朝5時過ぎに家に迎えに行く。


何度電話しても出ない。lineも既読にならない。


100%寝てるじゃないですかこれ。



しょうがないから部屋まで行ってインターホン鳴らす。


しばらくして鍵が開く。


半分目が閉じてる後輩がガリガリの上半身裸に毛布を肩から掛けて出てくる。


ドラキュラやないか。



「すいません。寝坊しました。」




「知ってるよ。まぁいいよ。俺も寝坊したし。」



とりあえず中に入れてもらい待つ事に。



「しかし汚い部屋やなぁ。掃除してるか?」


部屋のカーテンを開ける。


「ちょ、ダメです開けたら!眩しいんで。」



ドラキュラやないか。



「ドラキュラかお前は。いいから早く着替えろや。目も覚めるやろ眩しくて。」



寝癖頭のまま後輩が着替えてる背中を見ながら質問する。


「んで?お前昨日遅かったの?」




「そうスね。夜中まで飲んでて。」



「うわ!臭ぇ!そういえばニンニク臭い!」



「餃子食いまくりましたんで(笑)」


「ドラキュラなのに!?ニンニクを!?」



「誰がドラキュラなんすか。」



「お前自殺行為だぞそれ。」



「ドラキュラちゃいますて(笑)」



「お前。そのチョーカーまさか十字架ちゃうやろな。」



「ドラキュラちゃいますて(笑)」


そんなやり取りをしつつ、時間を大幅に過ぎて出発。



呑気に助手席でいびきかく後輩。



行く前に寄ったコンビニで野菜ジュースを買う後輩。



そこはドラキュラらしくトマトジュースにしとけアホ。





何とか整理券配布前に到着。


既にたくさんの人が並んでるが何とか購入できそう。




ただ、待ち時間がまだあったので座って待ってようと思ったんですが、並んでる
箇所がちょうど建物の構造上、狭くて立って待つしか方法はなかったんです。



しょうがないから僕は立ったままスマホゲームで時間潰してたんですね。



後ろに並んでる後輩をふと見ると。




立ったまま寝てました。



凛とした顔で。









やっぱドラキュラやないか。