名前

職場で仲の良い先輩がいるんですね。

 

友達のような。僕より年は4つも上なんですが基本ため口でいける先輩。

 

そりゃ最初からこういう関係ではなかったですよ?

 

一応先輩なんで立てるところは立てるし。

 

向こうも信頼してくれてるとは思います。なのでこの関係。

 

 

 

そんな先輩。「柳(やなぎ)」って名前なんですが。

 

 

僕はいつも「やなさん」と呼んでるんですね。

 

 

そのやなさん結婚して2人の子供がいるんですが、この度3人目が誕生するという事で。

 

おめでたいですね。2人きりの休憩時間に報告してくれました。

 

 

「いやぁ。大変よ3人目ともなると。」となんだか照れくさそう。

 

まぁ、でも賑やかでいいやん。うらやましいわ。

 

「戦争やわ。今でも大変なのに(笑)また小遣いも減らされるわ。」

心なしかいつもより短い所までタバコを吸うやなさん。

 

 

そっかぁ。次は男と女どっちがいいん?

 

「そうやなぁ。今上の子が女で下が男やから…まぁどっちでもいいかな。無事に生まれてくれたら。」

 

 

ふうぅん。

 

 

「お前もさ、早く再婚しろ。少しは落ち着け。」

 

いやいや俺はまだいいわ(笑)子供は少し欲しいけどね。

 

「子供はいいよ、やっぱり。自分の分身みたいなもんやしな。」

 

 

名前…もう決めてるん?

 

 

「まだやなぁ。嫁さんと相談やけど、性別が分かってからちゃう?」

 

俺が付けようか?

 

「なんでやねん。」

 

いや、俺は真面目よ?

 

「いや、俺も真面目に断るよ?」

 

 

そうだなぁ。

 

「いいから。考えるな。お前絶対ふざけるから。」

 

 

柳 de 正男とか?

 

「いや、ないやろ。【de】って聞こえたけど何?お洒落なお菓子みたいに言うてるやん。んでその後正男て。ガッカリ感が後から凄い来るわ。」

 

 

あぁ。そうか。んー。

 

 

「いやいや、いいから。気持だけもらっとくわ。」

 

柳 始めました とか?

 

「始まってんねん。もうずっと始まってんねん。先祖代々柳やねん。んで名前ちゃうしそれ。報告やん。」

 

 

 

柳~en~Ciel は!?

 

 

 

「なんて!?なんて言うたん?」

 

ヤナギアンシエル。

 

「バンド組んでないし。何、目をキラキラさせてんねん。ふざけてるやん。1個もまともなんないやん。」

 

 

わがままじゃね!?

 

「お前や!」

 

むむむ…

 

「もうええから!大喜利やん!んで考えるとき【むむむ】って言うやつ初めて見たわ。」

 

 

柳@…

 

「もう休憩終わりやから。」

 

 

そう言うと先輩、先に行っちゃいました。

 

 

こんなんナンボでも出てくるのに…。

 

 

後でlineで鬼のように送っときます。