川柳

 

f:id:fantastic3:20170522110026j:plain

 

 

昨日は会社の上司の家でBBQご招待されてました。

 

家から少々離れてつ場所なので移動等疲れましたが、めちゃくちゃ美味しかったです。

 

天気もよかったですし。最高でしたね。

 

 

さて、表題の件なんですが

 

 

私、川柳が好きなんです。

 

詠むのがってよりは見るのが。

 

 

センス問われますしね。

 

 

川柳というか俳句もですが。

 

おーいお茶 のラベルに載ってる俳句もついつい見ちゃいますもん。

 

俳句と川柳の違いなんですが、確か川柳は季語が要らないんですよね?

 

その他色々と違いがあったと思うんですが、忘れちゃいました。

 

一時期俳句とか川柳に応募しようと燃えてた頃があったんですが結局面倒でやりませんでしたね。

 

 

当時はまだ子供が生まれた時でしたかね。夜泣きで毎回目が覚めて。

 

夏でしたから暑くて寝れないってのもあり、ぼーっとしてる時とかよく考えてましたね。

 

 

夜泣き子に 目覚まし時計 蝉の声

 

いいじゃないですか(笑)

 

夜泣きする子に起こされ、やっと寝付いたしよしもう1回寝ようと思った頃には目覚まし時計が鳴り響き、それでも 「あと5分!5分寝させて!」と思ったら今度は蝉の鳴き声で起こされるというね(笑)

 

懐かしいですなぁ(しみじみ)

 

 

 

色んなサイトも見るんですよ。

 

その中でお気に入りというかいいねぇと思ったやつをいくつか

 

 

 

おーいお茶 俳句大賞より

 

 

えんぴつが 短くなって 秋が来た

 

これは確か10年位前でしょうか。妙に覚えています。

 

 

小学校1年生の作品です。ワクワクしながら入学した春。

 

文房具も新たに揃え、勉強頑張る。ずっと使ってたんでしょうねそのえんぴつ。

 

 

気付いたら短くなってたたと。

 

 

非常に可愛らしい作品ですね。

 

 

 

木の葉踏み 石段の数 忘れけり

 

 

渋いですねぇ。これは確か70歳とかの女性でしたでしょうか。

一生懸命階段上ってたんでしょうね。数えながら。

 

葉っぱを踏んで音が鳴る。

 

その弾みで今 何段まで登ったか忘れちゃったと。

 

 

これも好きですねぇ。

 

 

 

 

憎らしい 兄の合格 祈ってる

 

 

素晴らしいですね。泣きそうになります。

 

この一句に見えるストーリーでさらに泣けてきそうです。

 

 

これは中1とか中2の女の子でした。

 

高校受験でしょうか、大学受験でしょうか。

 

普段はケンカばかり、意地悪なお兄ちゃん。

 

 

だけどもそんなお兄ちゃんの合格をひっそり祈ってる。

 

 

もうね、この作者に焼肉奢ってやりたいくらい好きな一句です。

 

 

 

続いて おたく川柳より。

 

 

このおたく川柳ってのは面白いのばかりでして。

 

 

まぁ見たらわかります。

 

 

「君の名は」 聞いてくれたの ポリスだけ

 

いいですねぇ。流行りも押さえつつ最後に落とす。

 

 

これが一番新しい大賞で。その他歴代の作品も素晴らしい。

 

 

パソ消して 消える美少女 映るデブ

 

 

アニメ見て 泣く俺を見て 母が泣く

 

 

 

いいですねぇ。

 

 

毎回これは楽しみにしています。

 

 

センスあるものばかりですね。

 

 

 

さーて。

 

 

今週も頑張ろ。

 

 

 

今日はここまで。