読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙

いつもお世話になっております。

 

小さい頃の夢は警察官でした。どうも私です。

 

最初は仮面ライダーとか、ウルトラマンとか男の子定番の夢だったんですがね。

 

成長するに従って「あれ?仮面ライダーとかって…いないっぽいな。」って思ったんでしょうね。

 

でも悪い奴はやっつけたい。正義の味方でいたい!って事から警察官にしたんだと思われます。

 

可愛いですね(自分で言うな)

 

 

…はい!昨日の体重!

 

74.2㎏とやっとここまで戻ってきましたね。危ない危ない。

 

ここで満足じゃないですから、ようやくスタートです。今週も残りわずか!頑張りましょう!

 

 

さて、表題の件。

 

 

何でもNASAが日本時間の23日深夜3時に重大発表があるとの告知をしたそうですね。(この記事を書いてるのは22日)

 

 

何なんでしょう。重大発表って。

 

 

怖いです。ネットで検索すると

 

やれ、巨大隕石が来てるんじゃねーの?とか

 

宇宙人情報公開だ!とかみんな騒いでます。

 

 

夢のある情報だったらいいんでしょうけどね。

 

 

 ※実際の発表は地球に似た惑星を発見した(39光年先だけどね)でした。

 

 

宇宙って不思議ですよねぇ。

 

まず地球が奇跡ですもんね。宇宙人とかUFOとかまぁ話したいことはたくさんあるんですが、逆に言うとですよ?地球以外生物がいないってのが私は怖いです。

 

宇宙・地球の不思議というか知識をいくつかご紹介。

 

 

地球の真裏まで穴を掘ってそこに飛び込むと、地球の裏側に到着するまでには、おおよそ42分かかる。

※摩擦とか重力とか色々な条件は抜きでね。

地球の真ん中は6000℃あるらしいですから死にますけど

 

 

水は地球の全質量のたった0.07%、全体積の0.4%しかない。

 

表面積的には7割を占める海ですが一か所にまとめるとそうでもないみたいです。

そのイメージ画がこちら。

 

f:id:fantastic3:20170223133918j:plain

 

めちゃくちゃ少ないやん!!

 

 

これまでの地球の歴史を24時間にすると、生命は午前4時に産まれ、陸生植物は午後10時24分に産まれ、恐竜は午後11時41分に絶滅し、人間は午後11時58分43秒に産まれたことになる。

この計算は面白いですね。人類誕生の遅すぎるわ(笑)

 

 

金星は自転周期が243日、公転周期が225日、つまり金星の1日は1年より長い 

 

 

宇宙で生命が誕生する確立を数値で表すと
0.0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000001% 。 

 

有名な例えでバラバラ分解した時計の部品を25mプール(50m説も有)に入れ、 プールの水をかき回し、水の流れだけで時計が組み上がる確率と同じらしいですね。

つまり、ほぼゼロ(笑)

 

 

凄いですね宇宙。

 

神秘的というか、怖い感じもありますが。

 

この他にもブラックホールの話やら、惑星の話なんかもしたいですがそれはまたいつか。

 

 

 

今日はここまで。