読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間

無駄話

お世話になります。

 

体重計に乗る時、思わず息を止めてしまう私です。

 

意味ないのにね(笑)

 

さて昨日の体重。

 

75.2㎏。

 

減ってはいますが、もう100gや200gの増減には何とも思わない自分がいます(笑)

 

引き続きナイシトールZ飲んでおります。たまに忘れることもありますが。

便通は落ち着いてきた感じですかね。回数はかなり減りました。

 

 

はい。表題の件ですね。

 

 

時間です。

 

 

僕はですね、性分というか癖というか。

 

仕事終わりに翌日分のやらなきゃいけない業務を書き出すんですよね。

 

思いつくこと全部。細かい事とかも。一通り書き終わったらチェックして。

 

他になかったかなーとか考えて。あれば付け足したりね。

 

んで翌日。それを見ながら仕事をするっていうね。

 

突発的に入った仕事とかあれば書き加えて。

 

デスクワークなのでそれを見ながら仕事して、終わったらその項目を消していく。

 

全部消したらクリア!嬉しくなっちゃいます。

 

なんでしょう。そうしないと気が済まないんですかね。

 

1個ずつ消えていく爽快感といいますか。常に把握しておきたいんでしょうね。

 

目標や、欲しいものとかも同じですね。

 

書き出してます。

 

メモじゃなくてもいいんです。だって見られたら恥ずかしい事だってあるでしょうから。

 

パソコンやスマホのメモ機能とかね。

 

見たい時にパッと分かればいいんです。

 

んで、購入したり目標達成したら消していくと。

 

メモ魔ではないんですが、気が済まないんですかね(笑)

 

目にすることで意識する・・なんて偉そうな事は言いませんが何でしょうねこの性格。

 

 

あ、時間の件ですね。

 

皆さん時間があれば何したいですか?

 

ここは現実的な事を考えて。

 

例えば、思い切り寝たいとか、溜まった録画を見たい、買い物いきたい、お茶したい、読書したい…。人それぞれだと思います。

 

ハワイ旅行行きたい!とかダメですよ。(いや、ダメじゃないけど)

 

現実的にね?金銭的に余裕があればできるんでしょうけど。

もっと気軽に。時間さえあればできるような事で。

 

大人になったら時間が足りないですよね。もちろんそうじゃない人もいるでしょうが。

 

僕は足りないです。それこそ上記に挙げたような事とかしたいです。

 

でも時間は限られてますから。

 

仕事の時間。食事の時間。親としての時間。家族の時間。

 

色んな事に割いていってやっと自分の時間。

 

その自分の時間の中で趣味の時間や、勉強の時間、睡眠の時間とか当てていったら24時間じゃ足りないですよねぇ。

 

時間が1時間売ってたらいくらで買います?

 

1万円?10万円?

 

本当に欲しい方やお金持ちとか余裕で買うでしょうね。

 

試験前の受験生とか。現在治療中の人とか。

 

ね。

 

時間だけは全人類平等なんですよねぇ。

 

 

時間といえばですよ。あ、話変わりますよ?

 

 

毎年毎年 年末には「今年もあっと言う間だったねー。」なんて会話をよく耳にするじゃないですか。

 

あれって言ってるの大人だけですよね?子供が言ってるの聞いた事あります?

 

僕はないです。

 

あれってどういう原理なんでしょう。

 

大人になればなるほど強く思ってしまう。

 

昔ね、調べた事あるんですよ。(暇人か)

 

じゃあ、色んな説があるみたいで。ちゃんと研究してる人いるんですよね。偉い!

 

その中で僕がなるほどねーと思ったのが

 

ジャネーの法則】というもので。

 

 

19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、

甥の心理学者・ピエール・ジャネが著作で紹介した法則。

出典ジャネーの法則 - Wikipedia

 

 

 

 

19世紀だってよ。

 

 

そんな前から(笑)

 

ざっくりどんなもんかと言うと

 

例えば50歳の人が過ごした今年1年。

 

分数にすると1/50ですよね。

 

じゃあ10歳の子供の1年は?

 

1/10。になりますよね。

 

どっちが長い?って事です。

 

10年でいうと50歳は10/50で(1/5)10歳は10/10(1)

 

図にすると

 

f:id:fantastic3:20170119114809g:plain

 

こんな感じ(拾い物の画像ですが)

 

子供の頃は永遠に続くとおもっていた夏休み。

 

でも大人になると一つの季節なんてあっと言う間ですよね。

 

単純計算で50歳の1年は5歳の10年分にも匹敵するんですよ。そりゃ早く感じるわ。ってね。

 

【50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。】

 

その他にも

 

同じことの繰り返しだと早く感じるという説。

 

大人になると、家と仕事の繰り返し。

 

脳がそれほど多くの情報を処理する必要がない場合は、時の流れが速く感じられ、同じ長さの時間でも、いつもより短く「感じる」らしいです。

 

 

以前にも処理したことがある情報であれば、脳が一生懸命に働く必要がないので、時間が速く流れるというわけ。

 

その他にも色んな説があります。

 

書き出すのめんどくさいンで後は各々調べてください。

 

ジャネーの法則。で検索したらすぐに出てきます。

 

 

 

 

でも、どんなに早く感じようがみんな同じ1日。1時間。1分。

 

大事にせんといかんですね。

 

さて。

 

 

 

仕事しよう(笑)

 

 

今日はここまで。